もうしばらく前になりますが、福岡でAirbnb (エアビーアンドビー)初体験してきました。福岡に住みながら、天神に泊まるってなかなか新鮮でしたよ。

Airbnb (エアビーアンドビー)っていうのは、簡単に言うと、ホテルや旅館ではなく、現地の人(ホスト)の家に泊まらせてもらうこと。部屋のタイプはさまざまで、ホストが住んでいるマンションや一軒家の1部屋だけを借りる場合もあるし、ホストが所有しているマンションや一軒家を「丸ごと貸切って」泊まれるタイプもあります。

今回は、天神にほど近い場所にあるマンションの1部屋を貸してもらいました。「全く知らない人が住んでいる家の1部屋」に泊まらせてもらったわけですが、思ったより気を使うこともなく、居心地も良かったです。

 

ホストは若いカップル(ご夫婦かな?)で、チェックインすると、かわいらしい女の人が部屋の案内をしてくれて、部屋のカギをもらいました。

そのマンションは、共用で使えるリビングが真ん中になり、その周りにホストの部屋と、ゲストの部屋は2つあって、私達はその1つをお借りしました。洗面所やトイレなどの水回りもきれいに掃除がしてあって、部屋は清潔でかわいい作りになってました。

日中にチェックインを済ませておけば、カギをもらえるので、夜は何時に帰ってもいいし、冷蔵庫やキッチン、お風呂、洗濯機も自由に使ってOK。

私たちは1泊しかしなかったので、あまりホストの人たちと交流は出来なかったですが、数日~長期で泊まって、ホストの人たちや他のゲストの人たちとも交流するのも楽しそうだなと思いました。

エリアによって価格はまちまちですが、1人2、3000円くらいからのところもあって、気軽に泊まれるし、その土地に数日~長期で滞在する人にはすごくいいシステムだと思います。

 

Airbnb (エアビーアンドビー)のHPにも「暮らすように旅しよう」というコピーがありますが、確かに、ホテルや旅館よりも、Airbnb (エアビーアンドビー)で宿泊する方が、その土地になじむ気がします。

 

宿泊施設として作られたホテルや旅館と違い、そこの土地に住んでいる人たちのセンスで作られた部屋なので、よりその土地に暮らしているような気分が味わえると思います。

 

天神は見慣れた町ですが、宿泊したお陰で、まるで旅行先の街に来たような新鮮な気持ちになりましたよ。

 

 

 

【1日目お昼ごはん】

老舗中華『平和楼』の焼きはるさめ。これがめちゃくちゃ美味しかったです!他にも、ランチのエビチリとチンジャオロース、どれを食べても美味しかったぁぁ。

image

 

【夜ごはん】

今年1月に天神に新しくできた宮崎の地鶏を扱った『塚田農場』の馬刺し。

くさみは全くなく、ネギと宮崎の甘い醤油がうまみを引き立ててくれています。まろやかでいくらでも食べられそうな味でした。

そしてお店イチオシの鶏刺しの写真は撮り忘れるという・・・

 

image

 

▼炊き餃子
鶏のガラと、あごだしのスープ。その濃厚なスープのうまみが、餃子に染み込んでます。image

 

餃子の皮や肉に、スープのうまみが染み込んでて、たまらないおいしさ♪〆のラーメンも美味しかったです。

image

 

途中から知り合いの人と合流して2件目に。夜中まで喋っていても、帰るところが近いので気兼ねなく♪

 

【2日目お昼ごはん】

fullsizerender-3

 

▼天神の町が見渡せるイムズのピエトロで。明るい店内、お昼時とあってサラリーマンやOLさんも多かったです。

サラダバー

image

 

豚と高菜のパスタ。にんにくオイルが麺にからんで美味しい♪
家でこういう風に作るのってどうやるんでしょうねー。

image

天神のお店に入ると思うけど、こういうパスタやさんとかビッフェスタイルのお店に、結構な年齢(たぶん70代くらいの)おばあちゃまたちが、キレイにしてお友達と食事してるんですよね。そのくらいの年齢になっても、おしゃれして町に出かけて、お友達と女子会?してるのってすごくいいなと思います。

 

さっきも書いたけど、宿泊することで、いつもの見慣れた町がとっても新鮮に感じられたし、気持ちもゆったりと出来てすごく良かったですよ。

Airbnb (エアビーアンドビー)はいろんなタイプがあるので、またほかの街でも利用してみたいです。

 


応援の1クリックをして下さると嬉しいです

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebooktwittergoogle_plus