ゆで卵の殻を剥こうとしたときに、卵に殻がくっついてうまく剥けない時、ちょっとイラッときません?しかも殻に白身が持ってかれてぼろぼろになってしまった卵を、おでんや煮物に使うってとっても残念な気分になります。

そんな中「ゆで卵の殻をわずか5秒で剥いてしまう裏技」をユーチューブで発見!( v ̄▽ ̄) イエーイ♪動画の再生回数は、なんと!2000万回を超えていました。世界の主婦の皆様、同じ思いでいた人はたくさんいたのねっ。

ではではさっそくやってみましょう。用意するものは、コップ1つだけ。私もやってみましたが、これはカンタン!ほんとに数秒で出来ます。私がやってみた時のポイントだと思ったところも最後に補足しておきますね。

 

まずコップの中にゆで卵を入れます。丈夫そうなコップを選んでください。カップでも可。1

 

水を少しだけいれます。卵が半分隠れるくらい。2

 

水がこぼれないように、手で押さえて、3

 

振りますっ!5

 

振りますっ!4

 

シャカシャカシャカっ!!4

 

振る時間はわずか5秒!卵の殻を掴んでみると・・・6

 

するっっっ!!!うおっ!!7

 

わずか数秒で卵の殻がするっっっ!!!と剥けています。これは気持ちいいーーーー!!8

 

おそらく卵と殻の間に水の膜が張ってするっっと剥けるんでしょうね。この瞬間が気持ちよくてクセになりそうです!その瞬間はこちらの動画からどうぞ。

さて、この裏技を実際にやってみました。ポイントとしては、ゆでた卵を水で冷やすこと。熱々のままやった卵は殻が割れただけでするっとは剥けませんでした。水を1,2回換え、卵の熱が取れてからやった卵の方がするっと剥けました。ホントにするっと剥けて気持ち良いですよ。

おためしあれ、( ̄▽ ̄)V


応援の1クリックをして下さると嬉しいです

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebooktwittergoogle_plus