まだインクは残っているのに、ボールペンのインクが出なくなるときってありますよね。捨てるのも勿体無いけど、振ってみても、試しに手に書いてみても、紙の上にはボールペンの跡が残るだけ。

そんなインクの出なくなったボールペンを、数秒で復活させる裏技がユーチューブで話題となっていたのでご紹介します。

 

急にインクが出なくなって紙にはボールペンの跡だけが・・・1

 

そんなときは、ボールペンの先をライターであぶってみましょう。インクが出なくなってしまう原因は、インクが乾燥して詰まってしまうことが多いそうです。ペンの先を少しだけあぶることで固まったインクが溶け、また書けるようになるんだそう。2

 

見事復活しました!ただし、あぶり過ぎないように注意してください。あぶり過ぎると中の水分が蒸発してしまい、2度と書けなくなってしまうそうです。3

 

他のボールペンで試しても、きれいに書けるようになりました。4

5

 

この裏技を紹介してくれたのがこちらの動画です。このチャンネル、いろいろなライフハックを取り扱っているので見てみると面白いですよ。かなりワイルドな方法も紹介されていましたが、知ってたら役に立つかも。

ライターであぶる方法以外にも、アイロンやお湯をペン先につけるという方法もあるようです。くれぐれもヤケドにはご注意くださいね。


応援の1クリックをして下さると嬉しいです

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebooktwittergoogle_plus