今トレードをしていないので、なんとなくブログの更新が滞ってます。

なぜしていないかというと、先週の頭に大負けをして資金を飛ばしてしまったので。泣

まあ、うん百万とか、うん千万とかの資金を飛ばしてしまったワケではないので、そういう経験がある諸先輩方からするとかわいい資金かもしれませんが、しばらくはチャートを見ても何も反応できないくらいになりましたね。

「くっそー!覚えてろよ~」と、ケンカに負けた不良が逃げながら吐く捨て台詞くらいの負け惜しみを相場さまにぶつけてました。

そんな気持ちで相場さまと張り合おうとするから負けんだよ!というツッコミをする自分もいつつ。

ということで先週後半はその反省を込めて、こちらの方↓の本を片手に、

おばさまたちの憩いの場となっているコメダコーヒーで、一人反省会をしてました。

そこで気付いたこと。

それは・・・真面目すぎてもいけない、ということ。語弊があるといけないので、どういうことか書いておこうと思います。

私は1ヶ月くらいずっと勝ち続けてたときがあって、あるときから調子が出なくなりました。その時と今と、なにが違うのかな~、って思ったときに、自分のルールに縛られすぎてた、って気付いたんです。

「ルールに沿ったチャンスが来たらエントリー。エントリーの理由がなくなってきたら損切り」

これは昔も今も変わらないんですけど、勝ち続けてたときって、波に乗れてたと思うんですよね。勝てなくなったときは、何が違ったのか。

1つは相場が勝ちやすい時期と、勝ちにくい時期だったというのもあると思います。もう1つは、自分自身が、全体の波より、細部に囚われてたな~って思うんです。

「このMAを上抜けしたという理由でエントリーしたから、それを割ったら損切り」という自分のルールを守らなきゃ、と思って損切りしたら、結局次の足でまた上に抜けて、そのまま伸びていった、とか。

いや、ルールとしてはいいんですよ。早めに損切りすることで、傷が浅くて済むので。でも全体の流れがまだあるときは、まだ持ち続けててもいいのかな~って。

その全体の流れをみるっていうところと、「ルールを守らなきゃ」っていう思いの狭間で混乱したっていうか、なんか、そういうルールに縛られすぎて、のびのび出来ずにいたな~って思います。

前はFXをやるのが楽しかったのに、いつのまにか「負けないようにしなきゃ」って、収支の方に囚われるようになってました。

ルールを守ることは大事だけど、そこにこだわり過ぎてるときって、波を感じてないんですよね。波に乗れてない気がしました。

すごく抽象的な感じになってしまいますが、「ルールは守る、でもその幅を持たせることも時には必要」なのかな、って感じました。

囚われすぎない・・・これってFXだけじゃなく、いろんなシーンで大事なことかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【今日の出来事】

FXをやるようになって、普段出てなかった(と思う)性格がどんどん出てきてる気がします。

これ、FXやるまで思いもよらなかったんですけど、トレードしてると、自分のエゴや傲慢さを見せつけられるシーンがたくさんあって、嫌でもそこに向き合っていくようになるんですね。そういうところを素直に認められるようになってくるというか、堪忍せざるを得ないというか・・・

でも不思議なことに、見ないようにしてたところを認めれば認めるほど、気持ちが自由になってきてる気がします。

今日一緒にお茶をした友達に、「自分が話してて思ったけど、私って真面目だよね?」と言ったら、「真面目ですよ~!根が真面目!」とはっきり言われました。

そうか、薄々思ってたけど、やっぱり真面目だったのか。笑

「やっぱり真面目だよね」と自分でそれを認めたら、なんだかそれでもいっか、って思えました。

前まで「真面目だよね」って思われるのがイヤとか、「真面目って面白みがない」とか思ってたので、真面目なところを認めないところがあったんですけど、口に出してみたら、今度からは、そういう自分を面白がれるかもって思えてる自分がいます。

自分が「真面目だ」と分かっているからこそ、それを活かすこともできるし、行き過ぎないよう注意することもできるのかもしれません。

トレードに負けて真剣にそんなことを考えてることこそ、真面目なのかも。笑

まあ、でもそんな感じで自分を見つめているうちに、こんな風に思ってきたので、そろそろトレードも再開しようかなと思ってます。

 

バスケが・・・したいです」byみっちー
  FX
(分かる人だけ分かってください^^)

  

ではでは


応援の1クリックをして下さると嬉しいです

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebooktwittergoogle_plus