自分のトレードで「失敗した~」、っていうパターン。それは、トレンド発生(または継続中)と思い込んでエントリーしてしまうこと。で、エントリーしたところが、折り返しだったりするわけです。

とある日の1トレードも然りで、15MAを上に抜け、さらに高値を抜けたのでロングでエントリーしたとたん、そこが折り返し地点だったという(TωT)

「高値を抜けた」と思ったその足は、長~いひげをつけた陰線に変わり、そこから折り返していっちゃいました。

含み損になったら「戻るのを」待ちたくなる私にしてはまだ良かったのが、このときは、「あ、間違えた」と気付いた足で損切りしたところかな。

このトレードの反省点としては、大きな足(1時間足)を見て全体の流れを確認する、っていうことをしておかなかったことですね。

私は上昇トレンド中かどうかを、どうやって確認しているかというと、

☆1時間足の10MAが上向きであること。

そして、
☆ロウソク足がボリンジャーバンドの1σを、終値ベースで超えていたらさらに強いトレンドが出ていると判断。

ここがはっきりしてない場合は、エントリーも注意が必要かもしれないです。(トレンド中と決め付けないこと)・・・というか正解は、エントリーは見送るなのかも。

5分足だけを見ていると、「あ、これいい形っ」とぱっとエントリーしてしまうこともあるのですが、大きな流れ(1時間足)もあわせてチェックしないといけませんね。

 


応援の1クリックをして下さると嬉しいです

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebooktwittergoogle_plus