GW真っ只中ですね~。
今日は頼んでいた香水が届きました。

私普段、アロマとかローズなど軽めのオードトワレをつけることが多くて、「香水」ってつけないんですけど、今年の夏はつけてみようかな~なんて思って、頼んじゃいました。ブルガリのオムニアパライバ。

↑ボトルもキレイなブルー♪

つけた瞬間のパッションフルーツとパッションフラワーの甘酸っぱい香りもいいし、時間が経つとウッディな深みのある香りに落ち着くのが、いい感じなんですよね (*´∀`*)

前にデパートで香りのサンプルをもらって、「いいな~、いい香りだな~」って思ってて、そのまま別のお店にいったら「お客様いい香りですね~」って言われたので、嬉しくなって、「今年の香りはこれにしよっ!」て決めてました。←単純

香りが好きなもんで、つい反応しちゃうんですよね。笑

こういうことで幸せになれるって・・・

 

 

あ~あ

 

 

女に生まれて良かったぁ!
(これが言いたかった笑

 

 

 

☆トレードの話

 

【今日の1枚】

5月2日NY時間のドル円です。

▲エントリー
21時半過ぎから、本日の高値(112.30)を実体で上抜けすることなく高値を切り下げてきていたので、目線はショートで見ていました。中央線が上位足のMAをDC(デットクロス)し、ローソク足が中央線に寄ってきたところでエントリーしました。

 

▲エグジット
15分足チャートを見て何度も意識されてる価格帯を利食いの目標としていたので、そこに近づいて動きが止まったところでエグジットしました。

昨日のブログにも書いたように利食い目標は、直近高値(安値)か、ローソク足を小さくして(もしくは上位足のチャート、ここでは15分足を見て)、何度も意識されている価格帯を利食い目標にしています。

もう一つの利食い目標としては、5MAを実体が割ったら(上抜けしたら)なんですが、戻されてエグジットするのが嫌なので(笑)なるべく「目標到達で戻される前に」エグジットすることが多いです。

 

▲ポイント
今日は利食い目標の話を・・・

利食い目標として、決めているのは、

・直近高値(安値)か、何度も意識されている価格帯

・5MA(青線)割れ(上抜け)

のどちらかを目安とすると書きました。

これは昨日のブログにも書いたように、こういう価格帯は他の人の利食い場所でもあるため、一旦戻されることがあります。今のスタイルはスキャルピングなので、出来る限り短時間でサッと利益を確保するため戻される前に出ておこうってことなんですね。

5MA(青線)割れ(青線上抜け)も同じ理由で、トレンド中の1波を出来るだけいいところで出ようと思ったら、動きが一旦落ち着いたと見える青線割れ(上抜け)で出ておくのが一番効率がいいと考えています。

(トレンド中に5MAの内側に入るということは、一旦下げ(上げ)が落ち着いたということなので)

そして再度、押し目、戻り売りのチャンスがあれば入りなおすといった感じです。(ですが、4波目以降は転換の可能性も考えてほとんどやりません。やるなら3波目くらいまでを狙いたいですね)

 

GW後半にはFOMC、雇用統計など大きな指標も控えているので、その間にコツコツ利益を積んでいけたらいいなと思います。


応援の1クリックをして下さると嬉しいです

この記事が気に入ったらシェアしてね
Facebooktwittergoogle_plus